日本競輪選手養成所卒業記念レース

日本競輪選手養成所卒業記念レース
卒業記念レースとは

日本競輪学校(現在の日本競輪選手養成所)は、設立当初、日本サイクリストセンター(NCC)として、1950年、東京都北多摩郡調布町(現在の東京都調布市)に設置された。当時の高まる競輪人気にあわせ全国に競輪場が新設されたが、選手の絶対数が不足しており、希望者が自転車振興会連合会(現在の公益財団法人JKA)を訪ね、選手になりたいと申し出れば即座に選手登録ができるような状況だった。中には素質に問題がある選手もいたため、各競輪場で頻発した事故の原因の中に選手の未熟さが占める部分は大きかった。そこで、競輪選手としてふさわしい人物の養成のため、日本サイクリストセンターが設立された。

設立当初は、登録選手の再訓練と新人教育が行われ、1951年には第1回生135人が入学、以後25回生まで新人選手を輩出した。またその間の1955年に、日本競輪学校(NKG)と改称した。

その後1968年、日本競輪学校は静岡県伊豆修善寺町(現在の静岡県伊豆市)に移転した。新しい日本競輪学校は調布時代にはなかった専用ピスト、ロード練習用のサーキットのほか、雨天の練習用にローラー練習場も備え、環境・設備とも理想的な形となっている。

卒業記念レースは、日本サイクリストセンター時代に模擬レースという名前で行われていたものが発祥となっている。第19回生までは、模擬レースのみが行われていた。第20回生からは卒業記念レースと模擬レースが共に実施され、日本競輪学校が修善寺に移った第26回生からは卒業記念レースとして一本化された。

卒業記念レースの概定番組は、第42回生までは予選2回戦、第43回生以降第87回生までは予選3回戦で行われていた。第88回生からは予選2回戦に、また、第89回生から第100回生まで、訓練成績優秀者による日本競輪学校選抜1個レースが行われた。日本競輪学校選抜は、「エリート班(第88回生から導入された)」の生徒を中心に、日常の競走訓練において結果を残した者や努力した者を選抜し、たとえ末着でも予選競走の1着よりも上位として取り扱われていた。

2011年5月、第101回生(男子)と2012年7月より始まる「ガールズケイリン」の第102回生(女子第1回生)が同時入校したため、長らく行われてきた卒業記念レースも様変わりした。日本競輪学校選抜は廃止され、男女のツイントーナメントで、それぞれ予選2回戦(男女各5個レース)が行われた。
翌年、第103回生(男子)と第104回生(女子)の卒業記念レースから、男子の概定番組はそのままに、女子については予選3回戦(3個レース)で行われている。

2019年5月、日本競輪学校の教育に関する規程及び制度、カリキュラムの大規模な見直しを図り、科学的トレーニングの導入や競技学科講義を充実させ、学校名も「日本競輪選手養成所」に一新された。

一生に1度しか獲れない「卒記チャンプ」の称号だけに、日常の競走訓練とは違った激しいレースが展開される。決勝戦に落車・失格が多いのもその激しさの表れか。選手候補生たちには、競技規則を守った上で、正々堂々と力の勝負を見せてもらいたい。

制度や名称が変わっても、卒業記念レース優勝者の輝きは衰えない。卒業記念レースを優勝した選手は、その後皆一流レーサーになっている。卒業記念レースは未来のスターを発掘する大チャンス。未来の競輪を背負って立つ逸材を見つけ出してほしい。

タイトルとURLをコピーしました